作業者

マイホームを建てるなら平板載荷試験は必須項目

地盤調査のメリット

作業員

地盤の強度がわかる

平板載荷試験は地盤の変形や沈下量などを調べる事ができる試験で、建物を建てる土地として適しているか判断する事ができます。埋め立て地に建物を建てるときには、地盤が柔らかいと建物が傾いたり沈下するケースが多くなります。平板載荷試験で地盤の調査を行うことによって、どの程度の建物まで建てる事ができるか判断することが可能です。また柔らかい地盤を改良するときにも平板載荷試験を行うことで、どの部分の土地を改良する必要があるか判ります。建物は簡単に移動させる事はできないため、建設後に地盤が弱い事がわかっても対処する事ができません。そのため建物を建てる時には、事前に平板載荷試験を行って、地盤の調査を行うことが大切になります。地滑りや崖崩れがおきやすい土地は、どこから崩れる可能性が高いのか、調べる事で対策を取れます。平板載荷試験を行うことで、地滑りや崖崩れがおきやすいポイントを調べる事ができるため、自然災害の被害を防げます。地盤の弱い土地は資産価値が低下するため、土地を売却したい場合でも、高く売ることは難しくなります。そのため土地を購入する時には、平板載荷試験を行って地盤の強い土地を選ぶことによって、資産価値を保つ事ができ土地を売却する時にも高く売れます。建物が建っている土地が沈下すると、基礎や壁に亀裂が発生したり建物が傾くため安全性が低下します。平板載荷試験で土地が沈下するリスクを調べる事によって、安全に暮らせる建物になります。